肝冷斎観タマ記R4−02(令和4年2月26日〜)  表紙へ戻る 観タマ記3−11に戻る   肝冷斎に行く

昨年12月に都市対抗を見ていてから、オミクロン第六波、ウクライナといろいろ問題は多い。今年は何試合観れるかなあ・・・。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

令和4年2月26日(土)

1400(1245)〜1651 沖縄セルラースタジアム那覇

NPBオープン戦 読売ジャイアンツ対廣島東洋カープ戦

廣島 000 021 000   3

黄泉 000 001 000   1

PL 石山 1B 松本 2B 有隅 3B 梅木

春めいたどんよりした天気です。名護や浦添と違って両チームそんなに話題無いので、お客さんもあんまり・・・。坂本とか岡本とか山口とか大瀬良とか森下とか、日本代表レベルの選手がのそのそと登場してきた。鈴木誠がいなくなったのは寂しいですが。カープは坂倉、西川も故障でいないので、かなり名の知られていないスターティングラインナップになってます。

カープ12安打、ジャビ7安打ですが、決勝点はカープルーキーの末包の2ラン。なるほど、こんなホームランを打つんだ。打撃フォームはあこがれの鈴木誠の真似をしたのでそっくりだ、と言われますが、打球は昨年カープにいたクロンに似てますね。ジャビルーキー岡田がヒットなど。

東京も今日出てくるときはあたたかかった。

これを食べる。

お客さんはこんなもんです。末包がホームラン打って三塁回っているところかな。途中、ジャビファンが大声で「かっとばせ〇」コールを始めたが、注意を受けてやめたようです。「正義の側にはルールは適用されない!」とは、まるで阪神ファンみたいだから止めた方がいいと思いますよ。

試合がやれた、観れた、だけでありがたい。

令和4年2月27日(日)

1300(1246)〜1527 タピックスタジアム名護

NPBオープン戦 北海道日本ハムファイターズ対廣島東洋カープ戦

廣島 000 010 001   2

北海 010 200 10X   4

PL 郡司 1B 嶋田 2B 青木 3B 牧田

名護は新しくなってから始めてです。外野の向こうは海なんで、実にさわやかな球場です(が、曇ると風が強くて寒いんです)。

キッチンカーがいくつか出てましたが、食べ物はなぜかタコライスとポー玉おにぎりばかり。昨日の那覇はとりからとチヂミばかりだったので、何か談合があるのかな。

チケット完売!になってたのですごいお客さんかと思ったのですが、席空け販売でこんな入りでした。新庄監督で話題になってますが、それでもこんなものか。野球を観るような雰囲気がまだ戻らないんでしょうね。新庄さんも、メディア受けしかしないんでちょっとがっかりです。練習時間の短縮や、高校野球はインタースクールであることを明言してメディアと県単位利権の批判でもして世の中変えてくれるかと思ってたのに、結局そちら側の人か・・・。

ハムは今川が2ラン、次の打席では嫌がらせのように全部変化球で投ゴロにされてました。世の中厳しい。清宮は守備はいいんですが、今日は3−0、全部ポップなフライばかり。

カープは昨日今日と、守備は相変わらずのそのそしているのと、打線が分断されているので走者のわりに点が取れないのは昨年同様ですが、投手陣の四死球が少ないですね。昨日1個、今日は無四球。

なお、カープのルーキー中村健、試合中、投手を励ます声を出すのも外野手の仕事の一つです(昨日のジャイのウイーラーもうるさかったなあ)が、この選手は、ファウルが飛ぶとボールボーイに「捕ってください」「ありがとう」とでかい声で言う、さらにスタンドにファウルが飛んでくると「あぶない!きをつけて!」と叫びます。アマチュア含めてこんな選手ははじめてみた。

海が見えるぜ。

今日は暑かったです。

さあ、東京へ帰らないと・・・と思いましたが、東京はまだ蔓延防止対策中。不要不急で県境出るなと都知事が言うてはった。マンボウ破りだとちくられるとまずいので、

以上はすべて幻覚である!

(早くも岡本全勝さんに見つかったようです。)

 

令和4年3月2日(水)

1800(1934)〜2048 東京ドーム球場

NPBオープン戦 読売ジャイアンツ対埼玉西武ライオンズ戦

埼玉 000 001 010   2

黄泉 000 200 10X   3

PL 岩下 1B 古賀 2B 笠原 3B 津川

ジャイ岡本2ラン、中田のソロで地味に勝ちました。

この球場はついこの間も来ていた記憶があるが、もう去年のことなんですね。

今年も「ちよだ寿司」に何度も世話になるんだろうなあ。

それにしてもファースト中田、セカンド吉川尚、ショート坂本、サード岡本という内野陣、リーグ一、というより、球史に残るようなすばらしい内野守備ではないかと思います。ジャイアンファソにどれくらい理解できるかわからんが、この内野の守備楽しみに観に来てもおかしくないですね。今日も何本もヒットがアウトになっていた。

 

令和4年3月3日(木)

1801(1936)〜2024 東京ドーム球場

NPBオープン戦 読売ジャイアンツ対埼玉西武ライオンズ戦

埼玉 000 000 000   0

黄泉 200 003 00X   5

PL 津川 1B 笠原 2B 古賀 3B 岩下

今日も岡本2本、丸・ウィーラーの各1本でチーム・ジャイアンツ!が新本拠地2連勝!と場内アナウンスだけが騒いでいました。投手もみんないいし、若手はどんどん出てきているし、ワタナベさまが「今年は優勝」とおっしゃったそうですから、リーグ一丸となってソンタクでもなんでもするかも知れませんが、さてどうでしょうか。

まるまると肥ったイモムシ、ではありません。パンです。今日はちよだずしをガマンしようとしてパンを三個も買ってしまい、推定1000カロリー。観戦時間45分程度なので、これをむしゃむしゃ食うためだけに球場に行ったようなものである。

 

令和4年3月5日(土)

1300(1310)〜1650 横濱スタジアム

NPBオープン戦 横濱DeNAベイスターズ対オリックスバファローズ戦

オリック 050 106 000  12

横濱 100 000 000   1

PL 本田 1B 石山 2B 西本 3B 鈴木

横濱は石井琢朗コーチが来て、生まれ変わったようによく打つようになった、と聞くのでワクワクして観に行ったが、確かに初回、山本相手に無死から単打ばかり四連打で「マシンガン打線」が復活しつつあるのを感じた・・・ところまでで、本当に1998年のようになっているのかまだわかりません。そのあと山本に一点だけで抑えられ、あとの回もよく打って10安打なんですが、四死球が無いと単打が多いので得点に結びつかず。

一方、バファロは12安打、ですが、ベイスタの投手陣が13個も四球出したので満塁からの長打などで12点。まあベイスタは使える投手の見極め中だからいいか、というところか。バファロは若い野手が多くてワクワクします。

ハマに来る以上、これを食べねばならんじゃん。

日が当たる間は暖かかった。もう春なんだなあ。

しかし四球が多くて4時間かかったので、日が翳ってくると寒かった。

やっと終わり。帰りは谷川を飛び越えるような気持ちで、三十台のころ思い出してリオカレー食って、カロリー過多で帰ります。

令和4年3月6日(日)

1300(1319)〜1545 横濱スタジアム

NPBオープン戦 横濱DeNAベイスターズ対オリックスバファローズ戦

オリック 000 000 000   0

横濱 012 001 00X   4

PL 原 1B 西本 2B 本田 3B 青木

ベイスタはホンモノですよ。大貫が5回零封とか山崎復活とかそんな個人技の問題ではないんです。打線が、徹底して点を取りに来ますよ。二回、無死二塁から大田泰がむりやりに一ゴロ、三ゴロで走者牧ホームイン、三回、無死二塁からバント構えで捕逸三進のあとタイムリーで残った一塁走者が盗塁、また一ゴロで三進(このあと二死一三塁になって牧タイムリー)と、公式戦でやるようなことをこの時期からやってきています。今日はバファロ捕手の頓宮の捕球が落ち着かないのもあってどんどん進塁狙ってくるし、相手チームかなり消耗させられる、と思う。

今日はベイすた2回、バファロ1回リクエストがあり、全部成功、といいますか、当初誤審でした。

連日のカロリー過多を避けるため、今日は六個しか入ってないぽけしゅーだ。

三塁側が日陰だと気づく前に前売り買ってしまっていたので、今日は日の当たるところへところへとずれて来たが、このあたりが内野の限界。14時30分ごろからは日陰になって寒かった。

昨日より一時間以上早く終わりました。クローズが山崎康だったし、山崎ハコさんを思い出したから懐かしのハマの港に行ってみるか。

3月12日(土)

1300(1324)〜1628 明治神宮野球場

NPBオープン戦 東京ヤクルトスワローズ対福岡ソフトバンクホークス戦

福岡 100 040 000   5

東京 207 100 10X  11

PL 有隅 1B 長川 2B 名幸 3B 長井

スワローズが東浜から3回までに11安打で9点、ホークスも五回、石川が予定の80球で降りたあとの小沢をぼこって打者一巡し、この回のうちに2時間を越えてしまった。そのあとはなんとか辻褄合わせて3時間半ぐらいで終わった。

春っぽい空です。

調子に乗って多くのものを食べてしまった。

つばくろう氏は本日、グランドの踊りはつばみだけに任せて、新聞を読んでいる姿が映像で抜かれてしまった。

これはサボっているところを抜かれてしまったので、慌てて応援活動を行っている、という状況のようです。

ハマスタ同様三塁側から寒くなってきた。

なお、カメラの電池切れによりスマホ写真を使用。ケチなので画素数をすごく落としています。

3月13日(日)
1301(1255)〜1623 明治神宮野球場

NPBオープン戦 東京ヤクルトスワローズ対福岡ソフトバンクホークス戦

福岡 400 110 001   7

東京 300 001 010   5

PL 長川 1B 名幸 2B 山本力 3B 秋村

春の空で目がちかちかする。一塁側スタンド向こうのラグビー場では何かイベントがあるみたいで、炎が出たりバクハツしたりしていた。

一週間一食ペースを守るしうまい弁当だ。

両チームとも、立ち上がり不安定な先発・スワロ高橋ホークス杉田の足を引っ張る失策がらみで、初回だけ激しく試合が動きました。あとは「流れで」みたいな感じで両者加点しつつホークスが雪辱。

それにしても、スワロの上位打線よく打ちますね。あと二週間考えるとスタート早すぎるかも。スタートしないよりはいいんですが。

本日のつばくろうは、くるりんぱを実施。スタジアムDJのパトリックさんがいないので、場内の拍手だけで盛り上がりました。そして、今日もヘルメットは回転しながらつばくろうの頭をかすめ、ほとんど成功しそうな勢い。

こんな状態だ。これは今年中に奇跡のくるりんぱ成功があるかも。そうしたら、大地も鳴動して破局的噴火とかあるかも。乞うご期待だ。

令和4年3月18日(金)

1800(2001)〜2116 東京ドーム球場

NPBオープン戦 読売ジャイアンツ対千葉ロッテマリーンズ戦

千葉 110 111 000   5

黄泉 010 041 10X   7

PL 名幸 1B 青木 2B 敷田 3B 市川

だいぶん遅刻したんで、マリン佐々木の投球も、五回の佐々木からの岡本の満塁ホームランも見逃したが、外は雨でもドームの中でぬくぬくとやきう観れてよかったです。ジャイはほんとにクローザーを大勢にやらせるのかね。いい投手だし、開幕のドラには通用するかもだし、いかにも原さん好みの無茶ぶり用兵かとは思うがちょっと本人ツラいかも。

いろいろ食う。

令和4年3月19日(土)

1300(1400)〜1529 ジャイアンツ球場

イースタンリーグ 読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズ戦

東京 000 000 002   2

黄泉 001 030 00X   4

PL 鈴木 1B 川上 2B 野田 3B 長川

昨日からイースタンリーグ開幕。上限設けずにチケット売り出し、というので行ってきました。原樹里が打たれてました。内川が「らしい」ヒットを1本打っていた。ジャイは高橋が好投。堀岡とか戸根とか力のある投手が次々出てきます。秋広も廣岡もファームか。

到着。今日は981人とのこと。やっぱりやきうはもうオワコンか。

しう弁は一週間一回以内を目標に食っております。若いころ苦しいころ楽しかったころ、いろいろ思い出して、ときには涙をこらえながら、食います。

子どもに懐かれて次の仕事に行けなくて困っているらしい。改造前にあった良心回路が少しは働くのであろうか。

帰りがけに式内・穴沢天神社に今年のシーズン開始の御挨拶だ。去年はコロナで使用禁止だった手水場が生き返っていた。

令和4年3月20日(日)

1300(1320)〜1722 ジャイアンツ球場

イースタンリーグ 読売ジャイアンツ対東京ヤクルトスワローズ戦

東京 400 004 000 03  11

黄泉 002 300 111 00   8

PL 川上 1B 野田 2B 長川  3B 鈴木

いきなり4時間20分。このあとの計画もあったのですが、すべて、九回裏の香月の同点ホームランでおじゃんに。おじゃんになったのに、結局11回表、内川のでかいホームランが決勝点になってケリがつきました。途中ではスワロ松井、ジャイ松原なんかもホームラン打ってたような記憶があるなあ。両チーム合わせると27安打12四球4失策である。

花曇りの中、到着。サクラはまだつぼみである。ちょうど一回表、松井がホームランを打っていた。

少し冷えるので、暖かいものを・・・。

しうまい弁当は今週分は昨日食べてしまったので、今季からジャイアンツ球場に登場したジャイアンツうどんだ。かまぼこに輝く悪のマークが刻まれている。揚げに刻まれるバージョンもあるようだ。

意外と美味い。悪の味は魅力的なのである。

試合が長いので焼きそばも食ってしまう。包装が新しくなって100円値上げになっているようである。なお、去年も言ってましたが、ここの売店はよみうりランドと共通なので、東京ドームより押しなべて美味い。悪の調味料が効いているのであろう。

七回あたりから照明も入ってどんどん冷えてきた。11回表内川(矢印)が星印のあたりまで打ち込む2ラン。ホームインのあとのはしゃぎようから見てかなり気合入っていたのでしょう。

この両チーム、オープン戦は同率最下位で、2試合みてても去年よりどちらも元気無さそうに見えるのですが、他のチームのファームはもっと元気ないのかも知れないのでまだまだわかりません。ジャイアンツ球場の食い物が更によくなっているのは実感された。お客さんは去年の秋より少ないスカスカなので、みなさんもどうぞ。チケットは電子チケットのみなので注意してくださいね。

令和4年3月21日(月)

1300(1305)〜1555 ヤクルト戸田球場

イースタンリーグ 東京ヤクルトスワローズ対東北楽天ゴールデンイーグルス戦

東北 500 100 010   7

東京 000 000 000   0

PL 不明 1B 不明 3B 不明

来ました。戸田球場。草の海に風が吹き、黄色い蝶々も舞っていた。今年も何とか生きてこの場に来れたので、満足です。

スワロも昨日までのジャイ相手だとどっちもどっちでしたが、やっぱりチームの勢いとか、楽天の方があるみたいに感じます。石原がホームラン、辰巳2安打、横尾三塁打など。投手は松井友→釜田→高田→内で4安打完封。スワロは先発市川がボコられて、そこから反撃できず。

三士審判なので、アンパイアが如何に合理的に行動し、かつ重労働であるかよくわかります。

それにしてもこの三日間、充実しました。わはははー。人生がこんなに充実したものになるなんて、むかしのわしに教えても信じないと思うぐらいです。なのに、また明日は世俗か・・・。

生きていることを実感できる河川敷だ。春風はいったい誰のために吹き始めるのだろうか知らないが、少なくともやきうファンのためにはなっています。

同好の方々もたくさん来ておられる。この人たちとはおそらく、どこかで他生の縁があるのであろう。彼岸に行ったらわかるに違いない。

コンビニ弁当美味い。おはぎも食う。

ついでに寝転んで本も読み終える。

と思っているうちに、もう試合終了。また世俗に戻るのだ。はやく週末か終末来ないかなあ・・・。

令和4年3月25日(金)

1830(1835)〜2201 横濱スタジアム

セントラルリーグ 横濱DeNAベイスターズ対廣島東洋カープ戦

廣島 030 005 012  11

横濱 000 100 200   3

PL 市川 1B 石山 2B 森 3B 名幸

鈴木誠也のいなくなった廣島打線を心配していたが、それよりオースティンとソトが故障してしまったベイスタの方が重症でした。守備の乱れから失点し、東が六回無死で故障交代で準備不足の砂田が打たれたんですが、内野安打やら犠打野選やら、いわゆる「ベイスボール」(ベイスターズらしい野球、の意)を見せられた。3萬2千人でハマスタ史上最多入場者だったそうですが、みんな見せられたのだ。カープは17安打、新人の末包と期待の坂倉が猛打賞、投手リレーも決まってウハウハの日であった。

週に一回のしうまい弁当を使い果たす。

球場のこのファザードで今日の試合はちょっと恥ずかしいか。しかし、近くのベイスファンは、八回裏に「あと二回で5点づつ取れば逆転じゃん」、九回裏に「今帰ると歴史に残る試合見逃しちゃうかも知れんよ」と、さすがは「ポジハメ」の別称を持つベイスターズファンだ。深い。

令和4年3月27日(日)

1400(1346)〜1721 横濱スタジアム

セントラルリーグ 横濱DeNAベイスターズ対廣島東洋カープ戦

廣島 000 040 003   7

横濱 002 011 011   6

PL 森 1B 名幸 2B 柳田 3B 市川

うーん。五回、そこまで坂本にノーヒットのカープが5安打を集中させて逆転、特に送球の乱れがあって取られた4点目が痛かったが、そこから如何にもベイスタらしいソロ3本で逆転に成功。六回裏の宮崎の同点ホームランは名幸さんのファウル判定のあと審判団の自主検証でホームランとなったもので、さすがに今日はベイスタの日―――と思ったんですが、九回表、山崎康が二死満塁から西川に三点三塁打を食らった。その裏、カープ栗林も四球2つとヒットでのそのそと一打同点になったが、宮崎が一邪飛を打ち上げて試合終了した。オースティンとソトがいればあと二三本はホームラン出てたと思うのですが。

30,431人で満員御礼だそうですが・・・?

金曜日に今週分のしうまい弁当こなしてしまったので、今日はいろいろ要らんもん食う。

ハマスタ肉まん食う。かなり小さめ。

ハマスタえびせんも食う。

九回表二死満塁、この外野の守備位置見てください。これがプロの守備位置ですよ。絶対投手は高めに投げない、という信頼感がないとこんな守備位置できません。そして山崎康は低めにツーシームを投げ込んだが、それをセンター後方まで打ち返す西川の技術が勝ったのだ。

平成4年3月29日(火)
1803(1931)〜2109 明治神宮野球場

セントラルリーグ 東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツ戦

黄泉 000 104 000   5

東京 100 000 110   3

PL 小林 1B 秋村 2B 山口 3B 山路

ジャイアンツはわずか3安打で、本質的にスワロのゲームですが、六回、一死満塁から中田の併殺コースの遊ゴロを売り出し中の長岡が失策。一点入ってさらに満塁から二死になって松原が3点三塁打。長岡が四点献上したみたいな感じです。しかしその後ランナーが出ない。その間にじわじわとスワロが返して、八回一死満塁から、長岡の取り戻すかというすごいあたりの一二塁間のゴロを中田が飛びついて、一塁アウト。そのあとオスナが凡退して同点の状況を防いだ。

あえて言えば、中田の守備で試合が決まったのである。(写真等は明日)

こんなの食う。

投手・大勢。すばらしいストレートだ。

平成4年3月30日(水)
1800(1930)〜2049 明治神宮野球場

セントラルリーグ 東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツ戦

黄泉 000 200 100   3

東京 000 000 010   1

PL 秋村 1B 山口 2B 山路 3B 有隅

スワロは2安打。石川が七回途中までふんばっていたが、昨日の長岡のエラー以来冷え切ってきました。ジャイ大勢が2試合連続4セーブ目だ。今はすごい勢いで抑えていますが、一周したあたりで一気にやられてしまうような気がしてなりません。とりあえず、条辺みたいになりませんように。

みなさんはこんなに食べられますか。わたしはチャレンジしてみましたよ。

すかすかです。都民はみんな花見に行っているのでしょう。

平成4年3月31日(木)
1800(1935)〜2128 明治神宮野球場

セントラルリーグ 東京ヤクルトスワローズ対読売ジャイアンツ戦

黄泉 000 102 003   6

東京 000 000 012   3

PL 山口 1B 山路 2B 有隅 3B 小林

八回終了時に降雨、さらに九回表に地震で中断したが、なんとか終わりました。今日は大勢さんも出てこずに、ジャビ三連勝。スワロ7安打で弱弱しい。

ぼったくり?焼きそばとフライドポテトだ。カロリーはともかく尿酸値アップだ。

雨降ってきたのでみんな八回ぐらいで帰っていきました。

 

今日はファイターズが初勝利。セントラルはここまで6カードで、三連勝三連敗でないのは1カードだけという変な展開で始まった。今のところ、蔓延防止解除でチケット全売りだからチケット取りやすい。来月はどうなるかな。

 

次へ

inserted by FC2 system