令和3年1月21日(木)  目次へ  前回に戻る

「簡単にはヤラれるもんかでモー」と言いたいが、ヤラれるだろう。

大寒過ぎて明日は少し暖かくなるみたいです。しかし明日は職業的にかなりキツそうだ。

・・・・・・・・・・・・・・・

貍(り)といっても、この場合は

「タヌキ」

ではなく

「ネコ」のことですが、

貍之不可使搏牛、虎之不可使搏鼠也。

貍にこれ牛を搏(う)たしむべからず、虎にこれ鼠を搏たしむべからざるなり。

ネコに「ウシを打ち殺してこい」と命じて「ニャース」と行かせても、ウシは「なんでモー」と相手にもしなくて、打ち殺すことはできんのじゃ。

また、トラに「ネズミを打ち殺してこい」と命じて「ガオー」と行かせても、ネズミは「こわいでチュねー」とすばしこく隠れてしまって、打ち殺すことはできない。

ではどうすればいいか? というと、ネコとトラを入れ替えればいいだけなんです。

このように、

有大略者不可責以捷巧、有小智者不可任以大功。

大略有る者は捷巧を以て責むるべからず、小智有る者は大功を以て任ずべからざるなり。

長いスパンで大きなことを考えている者に、すぐにうまくやらないといって責任を問うてはいけない。小賢しいだけのやつに、大きな土木工事を任せてしまってはいけない。

人有其才、物有其形、有任一太重、或任百而尚軽。

人にはその才有り、物にはその形有り、任一にしてはなはだ重き有り、あるいは任百にしてなお軽きあるなり。

物にはそれぞれ形があるように、ニンゲンはそれぞれに能力が違うのじゃよ。たった一程度のことをやらせても大変な重責に感じるひともあれば、百倍のことをやらせても軽々とし遂げてしまうひともいるのじゃ。

・・・・・・・・・・・・・・

「淮南子」巻九「主術訓」より。だから、肝冷斎は「もうムリ」と言っているんでチュー! もう止めてくださいでチュー! 

 

次へ

inserted by FC2 system